BOOX BOX(ブックボックス)or ブックストレージボックス は小物収納インテリアの要!!

BOOX BOX(ブックボックス)をご存知だろうか?

私もすでに、5個購入していて重宝している。

ブックボックス、ブックストレージボックス、本型収納ボックス、ブックエンドボックス、本型小物入れ、シークレットボックス、秘密の小物入れなど呼び方が色々とあるようです。

ネットで検索してみて多かったのが、「ブックボックス」と「ブックストレージボックス」のようです。

BOOX BOX(ブックボックス)とは、本の形をした収納ボックスのことです。

アンティーク調にデザインがされた収納箱が多く、本棚やデスクの上に置いて、一見本物の 本のように見えます。ですが、中をパカッと開けると空洞になっており、小物が収納できるようになっている)^o^(。


秘密の収納場所!?としてもお勧め)^o^(。

これがなかなか雑貨屋や百貨店では手に入りません(^_^;)

ましてや部屋のイメージにあうものとなるとなかなか見つかりません。

非常にデザインもよく、身の回りの小物も収納できるので、お勧めな商品です。

最後に、購入できるサイトをまとめておくので、ぜひ参考にしてほしい。

 

こんな方にお勧めです!(^^)!

部屋のインテリアのアクセントとして活用。

デザイン性の高い収納ケースがほしい。

インテリア性のある、本立て(ブックエンド)がほしい。

リビングの小物入れなどがほしい。

今までにない収納ケースがほしい。

見ているだけで楽しいインテリアがほしい。

これがよいです!(^^)!

背表紙に凹凸があるので、3Dというか立体的に感じます。私がもっているBOOX BOX(ブックボックス)は、秘密の箱のようなイメージです(笑)

とにかく古書とまちがえるようなリアルで重厚感がある作りがよい。

使い方としては、通帳、印鑑、キーホルダー、ポイントカード、領収書、アクセサリー、ネックレスなどを入れている。古書としての存在感をだしながら、普通に本棚にも収納できてしまう、違和感のなさが素敵です)^o^(。

BOOX BOX(ブックボックス)のパカっと開けた時の中のにおいがよい)^o^(。薬品くさいというか(笑)秘密のにおいがする。

非常にデザインが豊富にあります。BOOX BOX(ブックボックス)は、暗いイメージから明るいイメージまで、ヨーロッパ風というかオリエント風というかよいです)^o^(使いだすともう、プラスチックケースに戻れないです!!

部屋のどこにでもおけるデザインなので、必要なときにサッと取り出すこともできる。

BOOX BOX(ブックボックス)の大きいタイプであれば、家電製品のリモコン入れにも最適だ)^o^(

ここがイマイチ(^_^;)

傷がつきやすい。へこみや傷(表紙がはがれている)などが多いし、使っていると傷が多くなる。

金額が高いBOOX BOX(ブックボックス)は割と、表面のコーティングもしっかりしている。

多少、キズがついても、もともとアンティークなので、キズがあってもわからないし、気にならないといえばならない。

高価なBOOX BOX(ブックボックス)もあるので、丁寧に取り扱うこと。

 

こだわり)^o^(

なんといっても本物そっくりに加工された存在感にある。

「こんな古い英文を読むの?」と思わせておいて、実は「収納箱!?」みたいなギャップがものすごくよい)^o^(。

そして、普段よく使う小物をいつでも取り出せる場所におけるのがよい。「いつでも取り出せる場所」には、デザイン性の高い、BOOX BOX(ブックボックス)のような逸脱品が必要なのだ。「こんなところから、取り出すのか!?」という意外性がとても大切だと思う。

 

ちなみに、私が愛用しているBOOX BOX(ブックボックス)のは下のタイプだ。

ボックスの内サイズは、約 高さ22.5cm × 幅13.5cm 深さ4cmでかなり大きいタイプだ。

どこで購入できるのか?


どこで購入するにしても、サイズを間違えないように。

非常にさまざまなサイズがあるので必ず寸法は確認したほうがよい。

そして、寸法は外寸が多い。実際にモノを入れる場合は、内寸が重要になる。

枠の縁は、だいたい1.5cmぐらいだ。

そして、安すぎるBOOX BOX(ブックボックス)はやめたほうがよい。

塗装が貧弱だったり、キズが多かったり、木の厚みがない場合がある。

主要なショップとしては、下記の楽天市場と東急ハンズだろう。

Yahooショッピング、東急ハンズを中心に集めてみました。検索もできるし、画像にマウスをもっていくと、商品イメージが表示されます。