Let’s note(レッツノート)CF-S10Eシリーズ CF-S10EYPDRを購入してみました。

Let’s note(レッツノート)CF-S10Eシリーズ CF-S10EYPDRを2011年12月に購入しました)^o^(

※2012年2月時点で、CF-S10は生産中止です。後継機は、CF-SX1シリーズになります。


こんな方にお勧めです)^o^(

外出先で長時間ノートパソコンを使いたい。

報告書、長文などのようにキーボードを早く入力したい。

持ち歩きやすい重さと大きさのパソコンがほしい。

落下、水滴に強いパソコンがほしい。

これがよいです)^o^(

もともと、ノートパソコンで後発発進だった松下電器が市場でアピールするために、ノートパソコンの本来の目的だけに絞って開発しました。

ノートパソコンの本来の目的は、外出先で長時間使えること、障害に強いこと、キー入力しやすいことです。

なんといっても、バッテリーの持ちが非常によく、10時間以上はパソコンが
使えることです。

実際に私のパソコンでも13時間ぐらい持ちます。

また、バッテリー消費のほとんどはディスプレイですので、明るさを少し落とすだけでさらに稼働時間は伸びます。

外出先でほぼ、1日中パソコンが使えます。

また、キーボードも非常に入力しやすいです。

外出時は喫茶店、カフェなどの飲食店でパソコンを使うことが多い。そのため、キーボード上に珈琲などをこぼしてもキーボード上に孔が開いていて、そのまま背面に排出される仕組みになっている。ようは、キーボードに防水対策を施している。

法人用の動画ですが基本的な仕組みは同じです→動画で見る:頑丈(タフ)な証明

さらに、重量がかなり軽い。本体重量は、約1.34kgなので十分片手で持ち運べる。

ここが悪かった(ー_ー)!!

もう少し薄いのがよい。厚さが、3.0cm(30mm)あるので結構厚い。

耐久性を保つために、アルミボディに厚さを持たしているのであろうが、カバンが薄いとおさまらない・・(^_^;)

価格が高い・・・・。最初から分かっていることだが、他のノートパソコンと比較しても価格は高い。

(もちろん高いだけの優位性はあります。)

以前と比べると重量は、かなり軽くなったがまだ少し重い。1kgをきれたら最高だ(*^。^*)

こだわり!(^^)!

「ノートパソコンに求められること」を極限までに追及した一品のため、外出時にパソコンを使う方には絶対によい。

最近はパソコンの電源を切るということがない。蓋を閉めればすぐにOFFになり、蓋をあけて、スイッチを入れれば復帰する。

電源を切るという煩わしさがない。これも長時間バッテリーが持つからできることである。

他のノートパソコンを調べてみた(*^。^*)

レノボ・ジャパン ThinkPad Lenovo X200s 7465CTO 12.1型

以前はIBMだった、レノボ。キーボードの操作性は抜群によい。だが、バッテリーが8時間持たないのとやや重量級で重い・・・。

Acer ノートブック Aspire S Series S3-951-F74U

正直かなり迷った。MacBookAirのWindows版といったところか。次回シリーズでは検討したい。この薄型・重量はかなりよい。

MacBook Air 1700/13.3 MC966J/A (マックブックエアー)

Windowsユーザーにはなかなか踏み込めない領域がある・・・・。だが、セカンドノートPCとして次は必ず買う!!

別の使い方ができるの??

「バッテリーの持ちがよい」このことがモバイル環境をすこぶる快適にしてくれる。

バッテリーの持ちがよいので、USB接続することによって、E-MobileやIphoneのバッテリー供給としても使える。

ようは、 Let’s note(レッツノート)自体が電子機器の補助バッテリーになりえる(*^。^*)

これは非常に重要なことで、外出時にはさまざまな機器も常に一緒に携帯している。

携帯電話、Iphone、E-Mobile、デジタルカメラ、ワイヤレスイヤホンなどなど。

だいたいの機器はUSBから充電が可能なので、 Let’s note(レッツノート)から充電できると緊急時に非常に助かる。

Let’s note(レッツノート)はどのくらいするの(+_+)

2012年2月時点で私が購入した、CF-S10は生産中止です。

Amazon、楽天市場などではまだ在庫があるようです。

CF-S10の後継機は、CF-SX1シリーズとなっています。現時点(2012年2月)では「販売予約」ということで購入できます。

CF-SX1シリーズ2012年2月24日(金)にPanasonicから出荷予定です。

CF-S10の購入できるショップと価格

Amazonで、Let’s note(レッツノート)CF-S10Eシリーズ CF-S10EYPDRを探してみる。

税込、送料込で141、499円が最も安い。

楽天市場で、Let’s note(レッツノート)CF-S10Eシリーズ CF-S10EYPDRを探してみる。

税込、送料込で137,700円が最も安い。

CF-SX1の購入できるショップと価格

CF-SX1はCF-S10の後継機であり、2012年2月24日(金)にPanasonicから出荷予定です。各ショップでは予約販売として申込みできます。Panasonicへも直接申込みできます。

Amazonではありませんでした。

楽天市場で、Let’s note(レッツノート)CF-SX1シリーズ CF-SX1GEFDPを探してみる。

税込、送料込で187,950円が最も安い。

Panasonicで、Let’s note(レッツノート)CF-SX1シリーズ CF-SX1GEFDPのカスタマイズ注文をしてみる。

Panasonicではさまざまなカスタマイズすることができます)^o^(


3 thoughts to “Let’s note(レッツノート)CF-S10Eシリーズ CF-S10EYPDRを購入してみました。”

コメントは受け付けていません。